プラネックスコミュニケーションズ 6784

プラネックスコミュニケーションズ (6784 JASDAQ)

ネットワーク機器開発・販売が本業でしたが、現在の収益の柱は外為証拠金取引子会社MJ。07.12期決算まで赤字が続いていたが、2008年12月期から大幅黒転。

当初の事業体から大幅に変わってきているため、これからの評価はMJにかかっているのではないでしょうか。
元の本業とのシナジーとしては、今後FX業者にとってはシステム投資が重要課題であるなか、システム業界に明るい親会社という位置づけでのシナジーがあると思います。

スポンサードリンク

FX業界にはまだ追い風が継続しているので、そのFX業者のなかで大手であるMJには会員数増の恩恵が引き続きありそうです。

MJも2008年10月に完全子会社化されたので、子会社利益のさらなる取り込みも期待できる状況です。

予想PER 連結 4.0倍
PBR 0.65倍
株価 23,790円 (2009年1月9日終値)

とまだまだ手が出るバリューエーション。

継続してウォッチしていきたい銘柄です^^

スポンサードリンク

サイト内関連記事

マネーパートナーズグループ 8732
マネーパートナーズグループ (8732 HC) この不況下のご時世のなか、口座数......
FXプライム 8711
FXプライム (8711 JASDAQ) この苦しい新興市場の株式の中でも比較的......

▲このページのトップへ