プロトコーポレーション 4298

プロトコーポレーション (4298 JASDAQ)

この株も過小評価されている気がするのですが、どうでしょう。
流動性が低いためあまり売買ができないのは確かに難点ですが・・・

このご時世でも安定した増収増益基調。

売上の中心が中古車関連の情報(雑誌媒体、ネット)なので、自動車関連と一緒にされているのでしょうか。

生活関連のネット事業も徐々に収益に貢献しはじめてますし。

スポンサードリンク

ここの魅力の一つは、コストの削減効果による収益体質。

厳しい時代の到来を見据えて徹底的にコストを削減。雑誌の利益率、相当改善しましたよね^^
これは見事。

また手元現金を豊富に抱え、新規事業を模索している様子。

マーズフラッグのような支援企業がIPOすれば、さらに化けるという宝くじも保有(笑)

2009年1月9日終値1,900円でPER6.5倍、PBR1.43。

下がる度にちょこちょこ買い増したい株の1つです。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

サイバーエージェント 4751
サイーバーエージェント 4751.東証マザーズ 新興市場のインターネット銘柄の代......
パピレス 3641 (JASDAQ)
2010年6月23日にJASDAQ上場のパピレス。 久しぶりに新興市場銘柄らしい......

▲このページのトップへ