レーサム 8890

レーサム (8890 JASDAQ) の第一四半期決算が発表されました。
四半期で黒字。そして営業キャッシュフローもプラ転と、割とポジティブな内容だと思いますが、同日にクリード破たんのニュースが出ましたから、どう反応するでしょうか。

もともとレーサムは、平成20年8月決算でも、ノンリコースローンの積極活用や借入の期日にゆとりがあることを開示しており、新興市場の不動産関連株のなかでは財務体質が健全なほうだと思います。

スポンサードリンク

財閥系の不動産株は当然東証一部で値動きもそれほど魅力的ではないので、私は新興市場で株式投資を行っているわけですが、この厳しい状況を耐えた新興不動産株こそ、3倍~5倍になる!と夢見て選別投資したいと思っています。

その中でもレーサムは保有不動産の早期低下法適用により含み損が少ないこと、借入に最新の注意を払い資金繰り破たんのリスクを回避する布石が見られること、20,690円(1月9日終値)でPBR0.20,PER4.7倍と格安な水準であることから、めげないで継続保有したいと思います。

流動性もそれほど高くないだけに、化けることを祈りつつ・・・

スポンサードリンク

サイト内関連記事

クリードが飛びましたね・・・
クリード (8888 東証1部) が2009年1月9日、会社更生法を申請しました......
アセット・マネジャーズ・ホールディングス 2337
アセット・マネジャーズ・ホールディングス (HC 2337) 国内での不動産ファ......
ダヴィンチ・ホールディングス 4314
ダヴィンチ・ホールディングス (HC 4314) 新興市場にいる不動産ファンド大......

▲このページのトップへ